新卒/第二新卒

明日実行できる新卒が言いづらい退職相談へ一歩踏み出す方法

新卒で入社したけど辞めたい
でも上司に言いづらい

退職の旨を伝えたいが一歩踏み出して言いづらいと感じているあなたの問題を解決します

こんにちは、エヌ(@enublog)です

入社したばかりの頃はやる気に満ち溢れていたあなたも人間関係やお金、環境で悩んだ末に退職することを決意したことでしょう

私自身、新卒で入社した会社を約1年で退職しました(最近の話です)

福利厚生は充実していたものの休日に電話が鳴ったり上司が冷たいなど様々な理由があり退職を決めました

退職の決意をした私は上司に言いづらく時間がかかりました。面接以来の緊張です。この記事を読んでくれているあなたも今上司に言いづらい状況でしょう

しかし安心してください

あなたはきっと退職することができます。言うことを躊躇しているとストレスが溜まり良くありません

仕事を辞めると上司に言った時「とりあえず3年続けてそれから辞めたらいいよ」と言われた。上司の言っていることも分かるが、3年経過して辞めると言えば別の理由で引き止められるだろうと思い上司の言葉を受け入れず辞めた。後悔はしていません。なぜならあのまま続けている方が後悔すると思ったから

退職を伝える一歩はあなただけが経験していることではありません。私も経験しましたし他の退職経験ある人もみんな通っている道です

この記事では退職が言いづらくて困っている読者へ言いづらい理由と対処法を紹介します

結論から言うと先のことは考えずにまずはメッセージで上司へアポを取り退職の旨を伝えることです

そもそも新卒入社1年で辞めるってアリ?

私の意見としては1年で辞めて問題ナシです

問題が全くないというわけではありません。もちろんデメリットがあります

<新卒1年で退職する場合>
① 転職活動の際にマイナスイメージが持たれる
② 住民税の支払い
③ 退職金が出ない(会社による)
④ 転職先では即戦力として見られる

デメリットのほとんどは転職時と転職してからの活動になります

これらを知った上で退職を考えましょう

関連記事

お金がないけど仕事を辞めたい人向け戦略的行動を紹介

続きを見る

私も経験した退職を言い出せない理由

私自身、新卒入社で約一年で会社を退職しました

当時限界になった私は退職を決意しましたが上司に言いづらく3日かかりました

私の中で直接上司に「私のことで折り入って相談があるのですが、お時間いただけないでしょうか。」とアポを取るべきだと思っていました。しかし上司と一緒になるタイミングが無かったためズルズルと日にちが経過してしまいました。

そのほかにも理由がありました。私がなぜ当時すぐに言い出せなかったのか振り返ります

上司に気を遣ってしまう

上司に直接アポ取りって難しいよね

社内の目を気にしながらタイミングを伺うのは至難の業

仕事終わりに言うのも緊張しちゃう

結局どうしたの?

帰宅後に携帯でメッセージを入れたよ

周りの人はみんな忙しいです。得意先に電話をして、プレゼン資料を作成たり見積書を作成など新卒である私に構っている暇などありません。次々と仕事をしなければいけない上司に対して私は言い出すタイミングを見計らっていました

今言い出してもいいのだろうか、忙しいから後にしてくれと言われないだろうかと不安になり言い出すことができませんでした

このことから思うことは忙しい上司に構わず言う、もしくは後に記述しますが退社後にメッセージでアポを取る手段が良いです

目的は上司に退職の旨を伝えるために時間をとってもらうことであり、それが直接だろうとメッセージだろうと問題はありません

辞めた後の生活が不安

辞めた後の生活は大丈夫だろうか、次の職が見つかるだろうか、家賃は支払えるだろうか、お金が底を尽きないだろうか、今の生活を崩して果たしてやっていけるのだろうか

こんなことをずっと考えていた私ですが、結論としてどうにでもなります

転職先が見つかっていないのならアルバイトをしながら探せばいいんです。今の会社を続けながら転職活動なんて器用なことは私にはできません

そんなことよりも1日でも早く今の会社を辞めて解放されたほうがよっぽどあなたのためになります

細かな先のことは後で考えてまずは辞めることに集中あるのみです

辞めるためには準備が必要です。まずは上司に相談しなければいけませんがその前にアポ取りです。これをしなければ一歩は踏み出せません

関連記事

新卒から始めるふるさと納税!住民税3割カット

続きを見る

最初の一歩は上司へのアポイントメント

退職が言いづらく一歩踏み出せない原因は上司によるものがほとんどでしょう。

私の周りも1年以内に退職した人ばかりです。友人たちに退職するとき何が一番嫌だった?と聞くとやはり上司に言いづらいと言っていました。私もそうでした

上司の言い出す勇気って中々出ないんですよね

「お前は何を考えているんだ」「今辞める意味がわからない」「え、早くない?
まだ続けた方がいいよ」など上司にあれこれ言われるんだろうなと勝手に自分の中で妄想が広がります

先のことを考えてしまうと緊張して言い出せません。そのためまずは上司にアポを取ることに集中して取り組みましょう

他のサイトでは退職の相談をするなら直接アポを取りましょうと書かれています。しかし私は必ずしも直接でなくとも良いと思っています

上司と二人きりになるタイミングが多いのであれば良いのでしょうが、私みたいに1日上司と会わないということがある人にとって直接のアポイントはタイミングが難しいでしょう。それに事務所で他の社員が見ている中で言い出すこともつらいでしょう

私がオススメするのはメッセージでアポイントを取ること

仕事の時間帯ではなく仕事を終え退社したタイミング、19時~20時が良いです。注意点としてはあくまでもアポイントを取ることが目的なのでメッセージの中に「退職」という文字を入れないようにしましょう

・アポイントは”メッセージ”
・時間帯は19時~20時の間
・「退職」という文字は入れない

関連記事

新卒の退職理由は嘘で良い|攻めで怖くならないための退職理由

続きを見る

あなたが思っている最悪な状況にはならない(相談を終えたらその先は楽)

私は今年の2月中旬に退職の旨を上司に言い、3月中旬に退職しました

退職した時のことを振り返ると一番の難関はやはり上司へのアポイントでした。それ以外はスムーズに進みました。私の感想は上司に相談して決定すればそれ以降はすぐに終わるということです

新卒入社で1年も経過していない私は上司と一緒に得意先を担当していました。そのため辞めるとなった時引継ぎ作業はありませんでした。テーブルは資料が少ないため片づけはすぐに終わりました

大変だった作業は得意先に退職の旨をメールしたことくらいです

新卒が退職するからといってうるさく言う人はいません。稀に「君が辞めたら会社が回らなくなる」と言う人がいるみたいですが、新卒が辞めて回らないようではとっくに潰れています

最後に今退職で悩んでいるあなたに私からアドバイスです

アドバイス

① 辞めるなら確固たる意志を持つ(何を言われても辞める)

② 転職が見つかっていなくとも嫌なら辞めろ

③ 会社を辞めたとしてもその先何とでもなる

④ 住民税の支払いを忘れずに貯金(転職先が見つかっていない場合)

⑤ 上司が了承すればその先は本当に楽

何度も言いますが、勇気を出して上司にアポを取るための行動をしましょう

おすすめ転職サイト

手取り20万円以下を脱却したい若手専門

キャリアスタート

おすすめポイント

・登録無料・相談無料
・最短転職2~3週間
・第二新卒、20代転職に特化
・未経験OK求人が多い

IT専用エージェント

IT求人ナビ

おすすめポイント

・ITエンジニア、Webデザイナーに転職したい方
・未経験でも可
・給料もらいながら学習→配属

こちらもCHECK

ブログ初心者のためのSEO講座【準備運動編】

続きを見る

-新卒/第二新卒

© 2021 enublog Powered by AFFINGER5